スワップ運用を成功に導く4つのポイント

南アランド、トルコリラ、メキシコペソをはじめとする新興国の高金利は単純に魅力的です。
しかし、金利が高いのは、資金調達リスク、デフォルトリスク、インフレリスクといったリスクを抱えていることが考えられます。
スワップ運用を成功に導くためにはそれらを意識した上で、スワップ特有の戦略で運用に挑戦することが求められます。



①その国のファンダメンタルズを理解する

新興国が高金利なのは、基本的に何らかのリスクを抱えているからと考えましょう。
リスクはさまざまですが、政治や地政学、インフレ、経済危機などが主に挙げられます。
これからのリスクが投資に見合っているのかを十分に検討してから投資を始めましょう。

②世界経済の情報を見極める

新興国の通貨は、世界的な株価の影響を強く受けるため、現在の世界経済が上向いているのかそれとも神経質なのかを常に意識する必要があります。
株価だけではなくVIX指数なども確認するようにしましょう。
また、米国と中国の株価を見ることで、リスクオンなのかリスクオフなのかの見極めもできます。

③安全なポジションサイズを徹底

10年程度の長期チャートは必ず確認し、どこに安値があるのかを注目します。
ロング一辺倒で踏ん張る個人投資家に対し、機関投資家がそれを崩すように攻めてくることがありその際は過去の安値付近まで下げることが多いです。
よって生き残るためには、そういった水準でも耐えられる枚数を持つことを徹底しなければいけません。

④長期的視点でじっくり取り組む

スワップ運用は長くポジションを持ち続けることで利益を得るものなので、長期的な視点は不可欠です。
今より下がらなければ問題ないというスタンスを保ちながら下落を追いかけながら少しずつポジションを追加していく手法も有効です。
とにかく焦りは禁物です。時間による分散投資を心がけましょう。



口座開設も利益を左右する

最後におまけですが、自分の失敗からはじめに重要視した方がいいと感じたことを一つ。

口座を開設するFX会社選びが重要

デイトレードやスイングトレードなどではその日か数日のうちにポジションを解消することが多いと思いますのでFX会社の乗換えや使い分けは比較的容易だと思うのですが、時間による分散投資を行うスワップ運用では途中でなかなかFX会社を乗り換えてポジションを取り直すということが難しいです。
難しいというよりもったいないという感じでしょうか。
以上の点で最初にどのFX会社で口座開設するのかというのは非常に重要です。

FX会社によって1日に付与されるスワップポイントの金額が異なる

日々のスワップポイントを積み重ねていく運用なので、スワップポイントの金額は1番といってもいいほど重要です。
とはいえスワップポイントは日々微妙に変化し、政策金利が変更されれば大きく変化したりします。
なので、過去の年間スワップポイントを調べてみるものいいと思います。



24時間取引のFXではスマホで見れるアプリの使いやすさが重要

FXは平日24時間取引が出来ます。やはり外出先でもマーケットをチェックしたいですよね。
というかしてしまいます。なるべく負荷がかからず、入出金等も含めてアプリが使いやすいFX会社がいいのではないかと思います。

高金利通貨の取引はみんなのFXで

いろいろなFX会社を試してみましたが、みんなのFXは高金利通貨のスワップポイント、スプレッド両方の総合力が素晴らしいと思います。
高金利通貨を取引するには現時点では最も優れていると思いますので、このブログではみんなのFXをおすすめします。

 

トレイダーズ証券[みんなのFX]

いままで時間をかけて積み上げてきたことをやり直すというのはメンタル的にもリスクにもなる可能性がありますので後々ストレスを感じないためにも、FX会社選びははじめにきちんとされることをお勧め致します。