悪材料満載で下げ止まりの見えないランド・・・ここは思い切って・・・(ガチ的見解)

ランド円ホルダーの皆さまこんばんは。
ランド円大暴落してます・・・

まずはチャートから

ランド円日足です。
もうため息しかでませんね(笑)

6月で1円近く落ちました。
ちょっと振り返ってみます。

GDP、9年ぶりの低水準

6月5日発表の1-3月期南ア国内総生産(GDP)が9年ぶりの低水準。
【速報】南アフリカ第1四半期GDP前年比、予想を大きく下回る。ランド急落・・・(ニュース)
1-3月期の国内総生産が前年比0.8%増にとどまり、市場予想の1.9%増を大きく下回ったことを嫌気しランド円は暴落しました。
製造業生産も下振れするなどいいとこなし・・・でさらに暴落。


2005年以来の計画停電

14日には南ア国営電力会社エスコムが賃上げを巡る対立から2005年以来の計画停電を実施。
国内情勢悪化懸念によりさらにランド暴落・・・
なんでこのタイミングで停電・・・?

鉱業憲章の改正案を発表

15日には南ア政府が鉱業憲章の改正案を発表。
鉱業権保有会社の黒人株主比率について修正したが、投資家や業界団体から反対の声が上がっている。
これは以前から懸念されていたことですが、このタイミングで出てくるんだよなぁ・・・

今年はずっとこの感じ?

ここまで南ア国内の悪材料上げてきましたが、基本的にくすぶり続けるのは米金利上昇と米中貿易摩擦懸念ですよね・・・
これ今年いっぱい続くんでしょうか・・・・きつい(泣)

南ア準備銀行(SARB)はお得意の静観。

新興国通貨安が広がる中、トルコやインド、アルゼンチン、インドネシアなどの中銀が通貨安防衛に走ったのですがSARBはお得意の静観を決め込んでいます。
SARBが何もしないというのは有名な話ですが口先介入くらいしてほしいですね・・・(トルコと違って中銀の独立性は維持されてますが基本的には緊急利上げや介入などは何もしないというスタンス?)
完全にランドはターゲットになってますので、今後のSARBの動きにはちょっと注目ですね。
何かしますかね・・・?

一旦下げ止まったかと思ったが・・・

15日に格付け会社フィッチが南アの格付け「BB+」を確認し、見通しを「安定的」と発表したことから一旦ランド売りに歯止めがかかったかと思ったのですが・・・
S&P社の南アフリカ格付け【BB】据え置き。BBって言われても・・・格付けってよくわからないのでまとめてみました(ニュース)
甘かったですね。
週明け18日にもはめ込まれ、とどめは本日のトランプ大統領の2000億ドルの追加対中関税を指示したことから昨年11月以来、節目の8円も割り込んでしまいました・・・

さらに・・・

明日20日には5月南ア消費者物価指数(CPI)の発表を控え、24日にはトルコの大統領選と総選挙が行われるんですよね・・・
ランドと新興国通貨、厳しい戦いが続きそうです。
※ただ、メキシコペソに関しては利上げ期待があるのでどうなるか・・・?
メキシコペソ円【2018年6月4週目】(概況と見通し)

ここは思い切って

今日はサッカー、ロシアW杯、日本対コロンビア戦です。
ランドは暴落しまくってますが、日本代表には頑張ってもらいましょう!!
ここは思い切って応援しちゃいましょう!!
(飲まなきゃやってられないよ・・・笑)

それではランド円ホルダーの皆さま・・・
つらいですね。
いい状態ではないと思いますが、なんとか生きていきましょう(笑)

【ガチトレード収支報告】

南アフリカランド円の収支報告はこちらをご覧ください。
不撓不屈ブログ(収支報告)

メキシコペソ円の収支報告はこちらをご覧ください。
疾風怒濤ブログ(収支報告)