【史上最安値更新】トルコリラ円を買っていく。ただし・・・

こんばんは。
いつもブログを見てくれている高金利通貨ホルダーさんありがとうございます。
ガチボーイ(@gatiboyzar)です。

政府による緊急事態宣言が延長されましたが、高金利通貨ホルダーの皆様いかがお過ごしでしょうか・・・
私は正直キツイです・・・

トルコリラ円ついに15円割りました。
今日はトルコリラ円買うのか・・?について語りたいと思います。


ドルトルコリラ、トルコリラ円の現状

ドルリラは2020年5月7日に7.26リラをつけました。
これは2018年のトルコ通貨危機の際につけた7.23リラを超えて史上最安値となりました。
ドルリラのチャート見てみましょう。

今週末5月8日7.06リラで終了しています。
もちろんこうなってくると我らがトルコリラ円は・・・暴落してるはず。
トルコリラ円のチャート見てみましょう。

はい。暴落してます。5月8日ではかろうじて15円台に戻し、終了しています。
トルコリラ、5年間で64%下落、年初からは18%下落しているという恐ろしい通貨であります。

以前からブログを見てくれてる方は知っているかと思いますが、私も2018年の通貨危機の際にはロスカットを何度か喰らっております・・・
トルコリラ円の唯一のメリットであったスワップポイントもトルコ中銀が利下げを繰り返す中で1lotで10円あるかないかという感じになってしまいました。


ドルリラが史上最安値を更新した背景

今回ドルリラが史上最安値を更新した背景なんですが、もちろん世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済活動停止によるものが大きいです。

すでに3月からトルコ、南アフリカ、メキシコ、ブラジル等をはじめとした新興国は通貨安になっていたのですが、中でもトルコとブラジルは感染者数が増加してことで通貨安に加速がかかってしまいました。

トルコは5月7日時点で感染者数13万3721人、死者数3641人となっています。
4月11日にピークをつけたあと、感染者増加数は減少していっていますが、経済指標の悪化は顕著です。
3月貿易統計では輸出が前年比20.3%減少、4月の設備稼働率61.6%へ低下、イスタンブール製造業PMIは33.4まで低下してしまいました。

FRBや日銀なんかではMMTだ!
自国通貨建ての国債を発行すればデフォルトはないなんて議論がされてますが、トルコはまったく事情が違います。あとでCDSの話もしますが、トルコリラに信用はありません。

トルコの場合はドル建ての借入が大量にありますので、リラが下落してしまうと、ドル建ての借入に対する負担が増加してしまいます。
中央銀行はなんとかリラ安をくい止めるため、米国や主要中銀とスワップ協定を結びたいわけなんですが、ここで米国との冷え込んだ関係が問題に・・・

6日に米リッチモンド連銀のバーキン総裁がトルコなどとのスワップ協定の可能性について尋ねられた際、「相互に信頼関係のある国」とは既に協定があると発言されたことや中央銀行の外貨準備枯渇懸念が生じたことで、投機筋からのトルコリラ売りが仕掛けられたのが背景ではないかと考えます。

リラ安がもたらす悪影響

現在トルコのインフレ率は10%を超えており、不況による悪性のインフレと言えます。

このまま状況が悪化していくとデフォルトのリスクも出てくると考えられます。
トルコ国債のCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)は620ポイントに上昇しています。
通常400ポイント以上で要注意とされており、破たん時のギリシャは25000ポイントでした。(まだ余裕?)

※CDSについてはリーマン・ショック、ギリシャ危機の際にも話題になっているんですが、国や企業などの破たんリスクを売買するデリバティブ(金融派生商品)の一種です。

トルコの銀行調整監視機構(BDDK)は新たな規制を発表し、為替取引や金利を含む広範な資産が規制対象としました。
そこでCDS取引も市場操作監視対象のリストに加えたようですので今後は多少落ち着くかもしれません。


それでもトルコリラ円を買う理由

ここまで散々、トルコリラやばいと述べてきたのですが、15円を割ったところで少しずつトルコリラ円を買ってみたいと考えています。
なぜかというと、興味本位で買ってみたい。ただそれだけです。
ほんとに少しだけです。

あと、トルコをはじめとする新興国通貨安が加速している原因として、相次ぐ格下げ(先日我が南アフリカもムーディーズよりジャンクに格下げされてしまいました・・・)もあると思います。
ただ、これも個人的には今は格付けよりコロナ次第かなと思っていて、特に南アフリカに関してはずっとくすぶっていた懸念が払しょくされたくらいの清々しさがあるので、コロナが落ち着いてくれれば、新興国通貨ある程度持ち直してくれるんじゃないかなと思っています。(これは願望です。)

何度も言いますが、今トルコリラ円を買う理由ってほとんどないので辞めておいた方がいいと思います。
というか他に今買ったら面白そうなのがたくさんあります。
たとえば、原油のETFとか金の現物やETF、米国株全般、特に航空株やハイテク株とか今は掘り出しものが多いと思います。

最後にこれは個人的妄想ですが、今回のコロナショックで先進国を中心にでかつてないほどの金融緩和が行われまくってることを考えると、長期的にどの通貨に価値を見出すことができるのでしょうか?
もしくは通貨自体の価値はどうなってしまうのでしょうか?
私が子供のころ、30年前はこういわれていました。
「30年後に原油は枯渇するかもしれない。原油価格は高騰しているだろう。」
現実はどうでしょうか?
原油先物5月限でマイナスを記録しました。
コロナがこれだけ世界中に混乱を巻き起こし、東京オリンピックが延期されることを1年前に誰が予想できたでしょうか?
先のことを予想してもあまり意味がないことを考えると、トルコリラ円買っておくのも悪くないかもしれません(笑)
ビットコインも買うし、トルコリラ円も南アランド円も買う。分散投資です(笑)
ほんとに少しだけですよ。

よろしければtwitterのフォローやコメントもお願いします。
ガチボーイ(@gatiboyzar)
それでは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。