南アランド円収支報告【2018年10月3週目】中国の景気減速懸念・・・。買いました。(不撓不屈ブログ)

こんにちは。
いつもブログを見てくれている南アランド円ホルダーさんありがとうございます。
ガチボーイ(@gatiboyzar)です。
今回はランド円の2018年10月3週目の収支報告の更新です。

不撓不屈(ふとうふくつ)ブログ

FXで資産としてのポジションを持ちたくて、高金利通貨である南アフリカランド円をトレードしてます。
高金利通貨のスワップ運用は難しいと言われていますが実際どうなのか?
ガチ収支を毎週報告していきたいと思います。
基本的な考え方は高金利通貨ペアで安定利益を目指すにはをどうぞ



今週の動き

ポイントは中国の景気減速懸念とサウジアラビアの地政学リスクです。

今週もいろいろありました・・・
イタリア財政懸念、ブレグジッド問題も気になるんですが、やはりサウジと中国でしょうか・・・

まずはサウジアラビア情勢からいきましょうか・・・
サウジアラビアのジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館内で死亡し、政府が関わっているという疑惑なんですが、本日20日、カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館内で死亡したことを確認したと国営メディアが伝えています。

カショギ氏は総領事館で会った人物らと口論になり、殴り合いになって死亡したと伝えた。

それはないだろう(笑)
皇太子が関わっているのは確実と思われますが、一応は側近を解任するということでけじめをつけた形(誰も納得はしていない)
週明け、市場がどのように反応するか注目です。
個人的には南アランド円にはさほど影響ないのかなと思っています。
それよりも南アランドに影響を及ぼしそうなのが中国の景気減速懸念です。
中国景気は安定を維持していますが、7-9月期の実質GDP成長率は前年比+6.5%と9年半ぶりの低い伸びとなりました。
前期比も+1.6%とペースが鈍化
インフラ投資の進捗が遅れるなかでの家計消費の鈍化が景気を下押ししています。
今後、本格的に出てくるであろう米中貿易摩擦の影響や人民元安・・・・
中国からの影響を受けやすい南アフリカランドにとっては不安な材料となりそうです。

チャート見てみましょう。


トレイダーズ証券

ランド円1時間足です。
見通しではもみ合いを予想しました。
【南アフリカランド円】見通し(2018年10月3週目)世界的株安は一巡となるか・・・?

先週は7.714円で引けてましたので今週は7.823円・・・。
うーん。強含みのもみ合いといった感じでしょうか。

今週を終えてのポジション


トレイダーズ証券

新規で1lot買い、保有したまま来週を迎えます。

感触としてはそんなに悪くないです。
下げたら来週は買い増すかも。


今週の収支まとめ(2018)

確定損益(2018) -514,176
2018年10月3週目の損益 0
2018年10月の損益 +16,420

 

南アフリカランドの取引はみんなのFXで

いろいろなFX会社を試してみましたが、みんなのFXは高金利通貨のスワップポイント、スプレッド両方の総合力が素晴らしいと思います。
高金利通貨を取引するには現時点では最も優れていると思いますので、このブログではみんなのFXをおすすめします。
トレイダーズ証券[みんなのFX]

みんなのFXの南アランドの1日あたりの1Lotのスワップ金利20円(2018年8月3日確認)

各国の政策金利についてはこちらをご確認ください。【政策金利】各国(2018)一覧&発表予定

不撓不屈(ふとうふくつ)について

【不撓不屈】強い意志をもって、どんな苦労や困難にもくじけないさま。

また来週が始まります。
ゆっくり休んで頑張りましょう!!

【ガチトレード収支報告】
トルコリラ円の収支報告についてはこちらをご覧ください。
勇往邁進ブログ(収支報告)
メキシコペソ円の収支報告についてはこちらをご覧ください。
疾風怒濤ブログ(収支報告)