南アフリカランド円【2018年7月1週目】(概況と見通し)

ランド円ホルダーの皆様こんにちは。

2018年7月1週(7/2~7/6)
概況と見通しの更新です。

南アフリカランド円(為替相場)

概況

下落

週間を通して下落。軟調が続く。
ランドは南アフリカ国内の経済状況悪化への警戒感も重しとなっている。
特に労働組合の賃上げ交渉報道を背景とした、南アフリカ国営電力会社のエスコムによる計画停電への懸念も強まっており、世界的な貿易摩擦の広がり懸念に加えて新興国通貨は上値の重い展開となっている。
【ランド円年初来安値】大規模停電の可能性も浮上し完全にロックオン・・・(ニュース)

見通し(2018年7月2日~7月6日)

下落を予想。

もみ合いながらも上値の重い展開となりそう。
今週末にはついに米国が中国からの輸入品500億ドル相当のうち、340億ドル相当について、関税を発動する見込みとなっている。
週末までになんらかの動きがあるのか、いずれにせよ様子見気分が続き、戻りは鈍いものになると思われる。


買い要因と売り要因

●買い要因

・米長期金利の伸び悩み
・世界経済の持続的な成長期待
・中期的な財政健全化への期待

●売り要因

・米利上げ継続の影響を受ける可能性
・米中貿易戦争は新興国に打撃を与える可能性
・原油高によるインフレの進行、景気悪化の可能性

トルコリラ、メキシコペソの概況と見通しについても個別に更新します。

それではランド円ホルダーの皆様今週も頑張りましょう!

【ガチトレード収支報告】

南アフリカランド円の収支報告はこちらをご覧ください。
不撓不屈ブログ(収支報告)

メキシコペソ円の収支報告はこちらをご覧ください。
疾風怒濤ブログ(収支報告)