南アフリカランド円【2018年7月2週目】(概況と見通し)

ランド円ホルダーの皆様こんにちは。

2018年7月2週(7/9~7/13)
概況と見通しの更新です。

南アフリカランド円(為替相場)

概況

上昇。

週間を通して上昇。
特に週後半にかけてランドの買戻しが優勢となったが、これは南アフリカでガソリン価格が引き上げられたことによるインフレ期待からの上昇。
また、週末には米国が中国に制裁関税を発動したが、これが想像以上に混乱がなく、ランドにとっては安心感につながった。

見通し(2018年7月9日~7月13日)

上昇を予想。

懸念が続いている米中の貿易戦争だが、制裁内容などが想定通りであれば、すでに織り込まれている感もあり、短期的には引き続き上昇しそう。
国内の経済状況には不安が残るが、ラマポーザ大統領がネネ大臣に経済政策を指示したことなども伝わっており、期待感の高まりからランドの買い材料となりそう。


買い要因と売り要因

●買い要因

・国内政治の安定
・世界経済の持続的な成長期待
・中期的な財政健全化への期待

●売り要因

・米利上げ継続の影響を受ける可能性
・米中貿易戦争は新興国に打撃を与える可能性
・原油高によるインフレの進行、景気悪化の可能性

トルコリラ、メキシコペソの概況と見通しについても個別に更新します。

それではランド円ホルダーの皆様今週も頑張りましょう!

【ガチトレード収支報告】

南アフリカランド円の収支報告はこちらをご覧ください。
不撓不屈ブログ(収支報告)

メキシコペソ円の収支報告はこちらをご覧ください。
疾風怒濤ブログ(収支報告)