【南アフリカランド円】見通し(2018年11月2週目)引き続きムーディーズの格付けに注目・・・

こんにちは。
いつもブログを見てくれている南アランド円ホルダーさんありがとうございます。
ガチボーイ(@gatiboyzar)です。
今回は2018年11月2週目の見通しの更新です。

南アフリカランド円(為替相場)

概況

上昇。

トランプ大統領が米中貿易協議の進展を示唆したことが買い材料視されました。
中国の影響を受けるランドも週後半にかけて買いの勢いが強まりました。
また、ブレグジット関連でポンドが上昇したことも英連邦の加盟国である南アフリカの通貨買いにつながりました。
今週は外的要因による上昇が目立つ展開となりました。

見通し(2018年11月5日~11月9日)

もみ合いを予想。

米中貿易戦争が沈静化の方向に向かいつつあることはランドの支援材料となりそうです。
しかし、ムボウェニ財務大臣の南アフリカ中間予算が期待外れであったことと、S&Pが南アフリカの財政再建や土地補償無し収用について懸念を示し、さらなる格下げがあると声明を出したことなどから、近く行われる予定であるムーディーズの格付け発表に対しての警戒感は強いと思います。
また、米国の中間選挙についてですが、前回の選挙でもわかるようにまったく予想はあてにならないのですが、あえて予想するとすれば、トランプ大統領の政権運営に特に影響なしと予想しておきたいと思います。なので特に為替も混乱はないだろうというスタンスです。


今週の戦略

ノーポジなら様子見ですね。
米国中間選挙、ムーディーズの格付けを確認したいです。

買い要因と売り要因

●買い要因

・ユーロ圏経済の回復期待
・南アフリカ中銀は通貨安抑制の方針堅持
・中期的な財政健全化への期待

●売り要因

・米FRBは2019年も利上げ継続の予定
・財政支出拡大で財政悪化の可能性
・インフレ率の高止まり、増税による景気悪化の可能性

トルコリラ、メキシコペソの概況と見通しについても個別に更新します。

南アフリカランドの取引はみんなのFXで

いろいろなFX会社を試してみましたが、みんなのFXは高金利通貨のスワップポイント、スプレッド両方の総合力が素晴らしいと思います。
高金利通貨を取引するには現時点では最も優れていると思いますので、このブログではみんなのFXでトレードしています。
みんなのFXの南アランドの1日あたりの1Lotのスワップ金利17円(2018年10月22日確認)

ということは・・・・

みんなのFXで南アランド円を10Lot買うと1日170円の不労収入をゲットできちゃいます!!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

 

それではランド円ホルダーの皆様今週も頑張りましょう!

【ガチトレード収支報告】

南アフリカランド円の収支報告。
不撓不屈ブログ(収支報告)
トルコリラ円の収支報告。
勇往邁進ブログ(収支報告)
メキシコペソ円の収支報告。
疾風怒濤ブログ(収支報告)