【南アフリカランド円】見通し(2018年11月4週目)米中貿易交渉に重要指標に格付けも・・・12月に向けての踏ん張りどころか。

こんばんは。
いつもブログを見てくれている南アランド円ホルダーさんありがとうございます。
ガチボーイ(@gatiboyzar)です。
今回は2018年11月4週目の見通しの更新です。

南アフリカランド円(為替相場)

概況

上昇。

週の前半はリスク回避の流れから売りが先行しました。
週の後半にかけては、米中貿易交渉の前進期待が高まり、中国の影響を受けやすいランドは買われる展開となりました。
さらには小売り売上高やドル安の流れもランド買いを後押ししました。

見通し(2018年11月19日~11月23日)

もみ合いを予想。

週前半の注目は。米中首脳会談に向けた米中貿易交渉の進展を見極める流れが続きそうです。
今週は消費者物価指数、中銀政策金利と重要指標が発表されます。
【南アフリカ経済指標】今週は要警戒!!南アフリカ・消費者物価指数、中銀政策金利発表、S&Pの格付け発表も(2018年11月4週目)
また、米中貿易交渉に向けて期待感が高まる場合であっても、ムーディーズの格付け発表が控えているためランド買いの動きは限定的になると予想します。
23日にはS&P社が格付けを発表する見込みとなっています。
年末に向けて踏ん張れるか・・・勝負の週になるかもしれないですね。


今週の戦略

どうでしょうか・・・。
なんだかんだで最近のランドは底堅い動きを見せています。
ポジションを持っていないので、消費者物価指数、政策金利の動向を見極めたいです。
7円台では買っていきたいと思っています。

買い要因と売り要因

●買い要因

・ユーロ圏経済の回復期待
・南アフリカ中銀は通貨安抑制の方針堅持
・中期的な財政健全化への期待

●売り要因

・米FRBは2019年も利上げ継続の予定
・財政支出拡大で財政悪化の可能性
・インフレ率の高止まり、増税による景気悪化の可能性

トルコリラ、メキシコペソの概況と見通しについても個別に更新します。

南アフリカランドの取引はみんなのFXで

いろいろなFX会社を試してみましたが、みんなのFXは高金利通貨のスワップポイント、スプレッド両方の総合力が素晴らしいと思います。
高金利通貨を取引するには現時点では最も優れていると思いますので、このブログではみんなのFXでトレードしています。
みんなのFXの南アランドの1日あたりの1Lotのスワップ金利17円(2018年10月22日確認)

ということは・・・・

みんなのFXで南アランド円を10Lot買うと1日170円の不労収入をゲットできちゃいます!!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

 

それではランド円ホルダーの皆様今週も頑張りましょう!

【ガチトレード収支報告】

南アフリカランド円の収支報告。
不撓不屈ブログ(収支報告)
トルコリラ円の収支報告。
勇往邁進ブログ(収支報告)
メキシコペソ円の収支報告。
疾風怒濤ブログ(収支報告)