【南アフリカランド円】見通し(2018年9月2週目)

こんにちは。
いつもブログを見てくれている南アランド円ホルダーさんありがとうございます。
ガチボーイ(@gatiboyzar)です。
今回は2018年9月2週(9/10~9/14)見通しの更新です。

南アフリカランド円(為替相場)

概況

続落。

今週も下落。8月の製造業PMIは43.4となり、市場予想の50.0を大きく下回った。
また、第2四半期国内総生産(GDP)も0.4%増にとどまり、市場予想の1.0%増を下回った。
世界的な貿易摩擦問題への懸念も強まる中でのリセッション入りへ。
【速報】南アフリカ第2四半期GDP前年比、予想を下回る。ランド急落・・・(ニュース)

ただ、週の終盤にかけて経常赤字の対GDP比が1-3月の4.6%から4-6月の3.3%に改善し、ランド円も底堅い動きをみせた。

見通し(2018年9月10日~9月14日)

下落を予想。

下値模索の展開があるかもしれない。
ムーディーズが懸念を表明しており、改めて格下げへの警戒感が強まるかも知れない。
ムーディーズからの格付けは避けたい理由(格付けについて)
ムーディーズからの格下げは南アフリカからの本格的な資金流出を意味する。
評価が低いラマポーザ大統領の手腕に期待したい。
また、米国による中国への使い関税発動に対する警戒感を強く、注意が必要となるだろう。


今週の戦略

今週もポジションがなければ基本的に様子見したいところ。
ホルダー目線で言うと期待より不安材料の方が多く安心できない。
もう少し好材料を待って買いたいところか。

買い要因と売り要因

●買い要因

・国内政治の安定
・南アフリカ中銀は通貨安抑制の方針堅持
・中期的な財政健全化への期待

●売り要因

・米利上げ継続の影響を受ける可能性
・米中貿易戦争は新興国に打撃を与える可能性
・原油高によるインフレの進行、景気悪化の可能性
・トルコをはじめとする新興国通貨全般に対する投資の不信感

トルコリラ、メキシコペソの概況と見通しについても個別に更新します。

それではランド円ホルダーの皆様今週も頑張りましょう!

【ガチトレード収支報告】

南アフリカランド円の収支報告。
不撓不屈ブログ(収支報告)

トルコリラ円の収支報告。
勇往邁進ブログ(収支報告)

メキシコペソ円の収支報告。
疾風怒濤ブログ(収支報告)